神ダディの創り方

元遊び人パパに娘の取り扱い方を教えるの巻-

元旦那の子供との関わり方は少し独特。

それは彼の育った家庭環境のせいかもしれないし、そうでないかもしれないのですが。。

結婚していたときは、夫婦関係もさることながら、どう子育てに参加してもらうか、そこもかなり悩みでした。

結局、結婚生活中に解決には至らなかったのですが、

それでも彼が娘に対してかなりの愛情があるのは彼の言動から感じられていました。

離婚した後、私は男女関係や脳科学、心理関係やスピリチュアル関係の本を読み漁りました。

アメリカ人の子連れ離婚によくある面会日を決めるスタイルをうちは採用していません。

あまりガチガチに規則を決めるのではなく、柔軟に会えるときに会えばいいんじゃない?というスタンス。

ありがたい事に、離婚後も元夫婦間の事務的なやりとりはかなり円滑だからこそできるのかもしれないですが。

そしてここ2週間ほど、なんやかんやで娘と会えていなかった神ダディ。

昨日こんなメールが入ってきました。

「僕のこと忘れてしまうんじゃないだろうか」

そんなわけあるか!w どんだけ弱気よ!と心の中で思ってしまった私。

それに私はいつも彼に会いたいならいつでも会ってくれていいから

そっちから連絡してきて!と何度も言っているのに

あんなに仕事に対しては積極的な彼なのですが、子育てに関しては結構受け身なところもあるようです。

今まで読んできた本によると、基本的に男性は女性より精神的に弱く脆い。なので女性より体が大きくつくられたとか。。。

ってなわけで心の中の言葉はそのまま使わずに、私はこう返信しました。

「明日預かってもらえる?正直なところわたしも勉強したいし。

それに、いつでも娘に電話とか迎えにきてくれていいんだよ。

わざとじゃないけど私、(娘にダディに電話して!と)伝えるの忘れちゃうからさ。

あとね、あなたに好きな女性がいてその人を落とすときにどうする?

自分から連絡とったり、会う約束をしたりするでしょ?娘は小さな女性よ。

大人の女性を落とすより子供は簡単だけどね。原理はほとんど一緒よ。

どういう男がいい男なのかあなたが彼女に示さないと。

積極的にいきましょ。あなたはいいお父さんよ。」

と。

正直、今までで一番わかってもらえた気がしました。

メールに対してのいいねマークと、

彼の言葉での返信「そうだね。俺もっとがんばらないとね。」

と。

彼が違う意見をもっていると反論のメールが返ってくることもしばしばあるのですが

今回は100パーセント納得していただけたご様子。

おそらく、その理由は

ー私が預かって欲しい理由や、私から彼に毎回会う約束の取り決めをしていられないと理由を正直に丁寧に伝えたこと。

ー元遊び人パパにはかなりわかりやすい例を取り上げ説明したこと。

ー最後にきちんと彼のことを褒めたこと

あとはメールの文章全体否定的な温度感で書くのではなく肯定的な温度感で書くというところでしょうか。ポジティブディードバックと言うとわかりやすいかもしれませんね。問題に焦点をあて否定するのではなく、解決策に焦点をあて要望を肯定的な言い方で伝える。

少し練習は必要かもしれませんが、毎回感情に任せた返信をするのではなく、伝え方を工夫するとコミュニケーションがとても円滑にできるようになります。

色々試しながらしながらゆっくり成長していきましょ。

読んで下さってありがとうございます。

今日も愛と光に満ちた1日をお過ごしください☺︎

Y!

娘がいつもお世話になっているYMCA.

私ほとんどYMCAのシステム知らなかったんだけど(2015-2018年アメリカに住んでた時)

知れば知るほどめちゃ便利なの。

地域にもよると思うけど、まず公立校の学童(Before & After School care)を校内またはYMCAのベースで運営してくれてて、結構どこのデイケアよりも安い上にファイナンシャルエイドもある。

メンバーと一般の利用料金が違うんだけど、ファイナンシャルエイドがあればメンバーになるのもかなり据置料金でメンバーになれます。

あとは、コロナ期間中、Ecampってのがあって、朝7:30-夕方6まで預かって、一応オンラインの授業の補助に入ってくれて(るのかはいまいち謎なんだけどw)そういう文言が書かれていますw (私はとにかく娘を安全快適な場所で預かって頂けるだけですごく満足。)

前置きめちゃ長くなったけど、いよいよ本題に入ります。

メンバーになった私、せっかくメンバーになったんだからちょっと楽しんでやろうと欲張りな脳が私を煽ります。

煽られた私は、、そ、、そんなジムなんてー

脳:ダンスプログラムがあるじゃないか!

そっかぁ!

ということで、

二日連チャン、ズンバとXtream hiphopというクラスにチャレンジ!

ネタ満載やねんけどw

まずは、ズンバ。

時間ちょいすぎに、中年の南米系おばちゃん登場!

ごめんごめん〜!渋滞がすごくて遅れたわ〜!って。

音楽かかるやいなや、準備運動なし。自己紹介的なんとかもなしでソッコーダンスが始まる。

ちょちょちょっとまってw わたしそんな南米なステップできやんねんけど〜!基本とか無いの?(そうそう、なんでも基本に忠実なジャパニーズですからw)

でもまぁ、持ち前のリズム感を生かし(失礼あそばせ)なんとーなーくついていく。でも私ステップばっかりのダンスすきじゃないんだよなーとか思いつつ、

ジャンプするタイミングが楽しくて(おぉ!私こんなにぴょんぴょん飛び跳ねるの好きやったんかと気づく)

なんだかんだで結局、終始楽しんだw ほんでここからねん、

せんせ:は〜い!みんなとってもビューチフルでアメージンだったわ〜!スローダウンしていきましょうね〜。

私:おぉせやな、始まりは完全なアップテンポから始まったけど、終わりはちゃんとスローダウンしてくれんねんな。よっしゃよっしゃ。

アップテンポな曲がかかる。

私:いやーこんなアップテンポな曲でどぅぅぅやってスローダウンさせてくれるんやろか?

せんせ:(めっちゃ軽快に踊り出す)

私:いやこのダンスどー考えてもスローダウン違うし。

せんせ:はい!足もちあげて!もちあげた足の下でCLAP!!

私:いやいやクラプちゃうやん、今日やった中で一番激しいやんこの動き。スローダウンは???!

しばらく最高にノリノリな振りで

そのあとようやくスローダウンに入りました。

そして、続く2日目はXtream HIPHOP

6:45分開始で時間前に行ったらもうガンガン始まっててなんか、ここに入るんすか?

みたいな感じ。何人か6:45と思って着てた人がいたのでよかった。。

でも、思ってたんとちゃあう!え、こんなステップ台みたいなん使うの?

またしてもステップ系ダンス?もっと全身動かしたいんですけど。。。

というチカコ心の声もHIPHOPのビートにさらっと消し去られ

見様見真似でやってみるが、、、おっと〜これは昨日のズンバよりも難易度高めや。人口密度も高めや〜。

途中で今日初めての人〜、って言うて今日のセンセは自己紹介と基本ステップ教えてくれたよ。初めての人多かったからかな?

でも、途中もう私は半分あきらめてたね。(でた!大得意のあきらめ。)

音楽はめっちゃすきやったけど、あーもうこの板邪魔!www(その板があるから負荷が増して運動になるんや。)

先生がちょいちょい

C’mon Y’all!!! とめちゃノリノリでいうのに対し

できひんのやワレェ!黙れや〜!と言いたくなったのはここだけの秘密w(決して先生が悪いわけではまったくない。)

なかなか苦戦気味のHIP HOP Xtreamでした。 Jumping Jacksは命一杯たのしんだよ!(やっぱり、ジャンプか…さすが、マサイ族と結婚したいと思ってただけあるわ私)