Honey and Pepper 短編④

発信先が番号のみで表示されていた。

どきっとした。

このエリアコードは、、、彼だ。

私が住んでいる町から離れたところに住んでいる彼、電話番号のエリアコードが違うのだ。

今出なきゃ。

意を決して、電話に出た。

あまりに久々の電話にお互いぎこちない会話から始まった。

なんで電話してきたの?

彼が聞いてきた。

色んな嘘をつくこともできた。

でも、自分の気持ちに正直になると決めた手前、

素直に

あなたと話したかったの。

と言った。

電話ありがとう。彼は言った。

今マイアミにいる、今から家にかえるんだ。

じゃあ途中ここに寄ってよ。

何の為に?

私に会いに。

半分冗談のような言葉たちは口から踊るように飛び出てきた。

今、付き合っている人がいるんだよね。

予想外の答えに、一瞬時間が止まったようだった。

あんなに”付き合う”ことに抵抗していた彼だったのに‥

そうなんだ。じゃあいいよ。

私の心は悲しさを感じないよう緊急装置が作動したみたいだった。

口からはあまりにもサラッと乾燥したような言葉が出てきた。

彼はその答えに少し不服気味で

なんでそんな言い方なの?

と言ってきた。

よかったじゃん。あなたが愛を自分自身の中に見つけられて、

幸せそうだよかったわ。

今の私が今できる最大限の彼を祝福する言葉と声のトーンで言い直した。

彼は当たり障りのない質問を何点かした。

私も当たり障りのない範囲での近況報告をした。

何気ない会話

の中にある心と心が優しい毛糸で繋がっている感覚に

ホッと安心している私が居た。

久々の会話に少し緊張しつつも、この心地いい安心感に浸っていた。

フと我に返った瞬間、急に眠たくなってきてしまった。

ねぇ、なんだか急に眠たくなってきたからもう電話切るね。

彼は、今から寝るの?と

唐突に出た私の言葉に反応しながら

電話はいつでもしてきてくれていいからね。ありがとうね。

と優しさを添えた言葉で締めくくってくれた。

電話を切ったあと私の心はほわんと暖かいピンク色でやさしく包まれた気分だった。

きっと私から連絡することはこの先ないだろう、と切ない気持ちまじりに

彼の幸せを小さな心いっぱいに願った。

今日見た2つのハートが宙(そら)で繋がっているように

きっとどこかで私たちの心も繋がってるといいなと淡い希望も胸に秘めて。

-完-

Honey and Pepper 短編③

海までの道、雨が降ったり止んだり。向こうの空は晴れていたり、曇っていたり、不思議な天気だった。

それにしても、車の窓いっぱいに広がるだだっ広い沼地と空のコントラストを見ているだけでとても気分がよかった。

ふと右側の空を見ると横向きのハート型の雲がぽわっと幸せそうに浮かんでいるのが見えた。

なんだか私まで幸せな気分になった。

灯台近くの駐車場に車を止めた。

砂浜の感触を楽しみながら、防波堤まで歩いた。

綺麗な空や波の音を見たり聞いたり防波堤で子供みたいに遊んでみたり

五感をフルに使って”今、この瞬間”を思う存分感じて楽しんでいる自分がいた。

砂の感触、岩の感触、水の少し塩っぽいさらさらした感覚を足でいっぱいに感じ取った。

波打ち際で走り回る子供達、リラックスしている人々

自然はいつもやさしくて偉大だ。

そんな自然が大好き。

日もだんだん落ちてきて、穏やかな海と淡いピンク、紫、ブルー、の空、力強いオレンジ色の夕陽。

夕日の雲の中にかわいいハートをまた見つけた。

天使のサインかな。

360度どこを見ても美しかった。

潮風がだんだん寒くなってきたころ、そろそろ帰ろうとしていた。

ん?

ポケットの太ももあたりに入れたケータイから

振動を感じたような気がした。

Honey and Pepper 短編②

プルルル……プルルル……….

2、3回着信音がなったが

やっぱりダメ!

心臓が鼓動を打っているのを感じた。

すぐに電話を切った。

そのあともしばらく心臓の鼓動がおさまらなかった。

どうにか自分を落ち着かせようと

お茶を飲んだり、掃除をしたりした。

彼から掛け直しの電話もかかってこない。

そうだよね。きっと彼はもう忘れてしまった。

私のこと気にしてないよね。

そう思うと頬に熱い何かがつたい流れた。

まだこんなに好きだったんだ。

いても経ってもいられず、

気分転換に太陽光を浴びに海へ出かけた。

Honey and Pepper 短編①

最後の連絡から7ヶ月くらい経った。

彼は元気にしているだろうか。私のことはまだ覚えてるのかな。

心から大好きだった片思いの彼は未だまだ忘れられない。

私の胸に納まりきらない程の愛おしい思い出たちが

今もまだ胸の中で優しく切なく泳いでいる。

彼の煮えきらない態度にこのままじゃいけないと

私から身を引いたのは正解だったのかそうじゃなかったのか

誰にも答えがわからないゲームをしているようだった。

何度も夢にでてきては

他に女の子がいるからとそっちの方へ行っていた。わたしは少し悲しい気持ちを抑えながらも、私の道を歩いてゆく夢を2回ほど見た。

他にも関わった男の人は何人かいるのに

私の夢に出てくるのはいつも彼なのだ。

このままきっぱり終わってしまうのだろうか。

あの時に感じた感情は何だったんだろう。

そう何度も思った。

抑えきれない感情が日々積もっていた。

かわいい思い出たちに浸って抜けられない私がいた。

なんの為にここに居るの?

私はどうしたいの?

このままでいいの?ほんとうに終わり?

友達があんなのやめときなよ、

という声ももう聞こえなくなっていた。

好きなことはとことんやり尽くす

それが私のスタイル。好きなことを追いかけてきたから

今の私がここにいる。

なら、とことん動いてみてもいいんじゃない?

もう一人の自分がそう言った。

よし、電話をかけてみよう。

定期的に連絡をとっていた頃からは1年以上経過していた。

彼の電話番号の登録は削除したが

メールはかろうじて残っていた。

そこから、おそるおそる電話をしてみた。

甘い罠 -R18-

彼と土曜日に会った時、何をするかはもうわかっていた。でも、心の中でどこかひっかかっていた。だから少しだけ慎重に。離婚して、遊び人に叶わぬ恋をして、もうこれ以上傷つきたくはない。いや、単に私を大切に扱ってほしいだけ。全ての命がそう扱われる権利があるように…

軽いキスから始まったそれは、いつの間にか体をつたっていた。

首にキスされることがこんなにも気持ちいいなんて。

でも、そこにあるはずの何かはナイと空気感でわかった。

彼のそれは私の中に入ろうとしたが、私は可愛く断った。

でも、2人の動きを止めるものは、私の”NO”以外何もなかった。

彼のことまだまだ知らないことがたくさんあるのに

彼の上で自分と宇宙との繋がりを堪能した。

そして彼もまた、私の蜜を少しだけ味わいながら最骨頂に達した。

でも、まだ心も体の芯も私にぴったりとくっついている感覚がなんとも愛おしく思えた。まだ彼と交換はできない。

次の週、私の友達から急にテキストがきた。

>あいつ女いるよ

ある程度予測はしていた。身なりも職もそれなりにいい独身男性が何も遊んでいないとは考えにくい。でも彼からは彼女はいないときいていた。

SNSを見ていると、真剣交際に発展しているかどうかははっきりしていないが、何か確かなものがそこにあるのは確実だった。

好きではないと思っていたが胸のあたりがキュッと締め付けられたようだった。一度相手の写真をみてしまうとなんとも厄介な気分になってしまう。

その日彼からお誘いテキストがあったが、なんだか行く気がせず断っておいて正解だったらしい。次の土曜に会う約束もしたが、もう断ることにしよう。

彼が誘ってきた日に、友達がSNSをストーキングしてくれていて、私は自分を完全に捧げることなく終わらせることができる。若干曇りがかった心になったことは否めないが、荒れ模様にならずに済んだのだ。

新しい世界の前の葛藤と執着

 一年半前出会い、実はだらだらと関係の続いているB君、テキストをするも思わしくない返事。変に高鳴っている鼓動。なんだかドキドキするんだよね、、、これ、刺激を幸せと勘違い。

でも好きな気持ちはあるし、ん〜ま〜あるかもしんないけど、潜在意識の中ではもう終わってるよ、その人と。次に行ってるよ。思い出に浸りたいんだね。だって、辛かった中での楽しさや安心感、求めていたものを得られた感動。

うん、どれも素敵だよ。その瞬間は思いっきり楽しんで、幸せを命一杯感じていい。でもその人じゃないんだよ。最初からなんとなく気づいていたよね?

必要だったの同じループだってことを気づかせるために。でももう大丈夫。だって気づけたから。

だってほら、次の人がすぐそこに。

A君とB君と両方連絡を取ってる時はA君とうまく会うタイミングが無かった。

でもほら、今B君とはもう終わってしまった。

そしたら、ね? A君が入るスペースができたんだよ。

ちょっと楽しんでみようよ、新しい世界を。それが失敗とか成功とかは関係ない。

結果ではなくプロセスを楽しむ。

………………………………………………………………………………………………………………

元々その日はA君に会うつもりをしていました。その予定で物事が全て進んでいたのですが

ふっと魔が差した瞬間、B君に連絡を取ってしまい、会えるかどうかを聞いていた私がいました。

そうすると、全てうまく行っていたA君との予定が狂い始めたのです。

B君と連絡を取る事で自分の心もなんだかかき乱された気分になってきました。

(=私にとってあまりよくない感情を抱くものは進むべき方向でない。感情はその人自神の羅針盤!)

気持ちを落ち着かせ、なるべくいい気分でいるようにする。

そうすることで、B君に執着していた思考を少し落ち着かせ、

A君の方でいい!と思える思考に変換。

そうするとA君に会えるように、今まで狂っていた予定がまた整い始めたのです。

When one door is shut, another is open.

タイミング

例えば男の人とデートする時、

なんかこの人とはタイミングが合わない。

会いたいのに、会える?と聞かれた日は予定で埋まっている

もしくは何か会えない理由がある。

そういうとき、私は無理にでも時間を作って

だって、カッコいい人だもん、メールでのやり取りめっちゃ合うもん、

と思うこともあるけど

会ったりしません!

だってタイミング合わないもん。

“タイミング” てはっきり言って神業です。

理屈ではどーにもなりません。(と私は思ってる)

タイミングはいつも完璧!タイミングが全てくらいに私は思ってます。

天からのGoサインが出るかどうかも結構タイミング任せ。

ダメな男と会ってる時は天からダメだよサインが来るんです。

OKサインの男とはなんかわからんけど、スムーズに事が進むのです。

今度会う男性は何度かあってるんだけど、プライベートでは2回目。

今回、ありえないタイミングでGoサインが出た。

その人に会おうと思ったら本当はベビーシッターが必要だったので友達にお願いしていたんだけど、えらいタイミングでたまたま娘がバースデーお泊まり会に誘われた。

これはもう行っていいよってことでしょ。

ただ疑惑付きの男なので、用心して行ってきます。笑 本当に会うのかも若干謎ですが

全てはタイミング!

理想の男性像

と思える人にちょこちょこ会うのよね。(だいたい奥さん連れてきてるよね。愛妻家最高)

で成功してるエグゼクティブ(あー言いにく、舌噛むわ)

の94%だったか96%は既婚らしいね。

さ!みんな結婚しよー!

ってそんな単純な話ではなく、

もーーーーっと単純な私の好みの話ねw

職業とか関係ないんだけど、知的な人が好き。

この前はよくよく聞いたら(正確に言うと聞き耳をたてていたら(得意技))

医者。睡眠障害とかの専門医的な。

まず身なりが綺麗。スーツ着てた。

表情や態度が品と安定感があり、さわやかでにこやか。

会話がジョークも言えるのに知的。

そして思いやりがある。

あ、もうこれや、こんな人すきー❤︎

今日も出会ったの。とっても素敵な人だった。

多分医者ではないし、職業ぜんっぜんわからんけど

ヨガのインストラクターしてそうな身なり。

でも清潔感があって、しゃべり過ぎず

喋らなさ過ぎず

態度に安定と調和と爽やかさと幸福感が漂っていて、、、

奥様もヨガパンツ履いてたけど

お顔のお化粧の仕方に品があってでも自分軸もしっかりあるけど

あの方はきっちりしてる中にも慈悲の心がきちんとある感じの

(あくまで個人的見解だからねw)

素敵な旦那様&奥様だった。

あんな風になるわ〜私。

今日も素敵なデータゲット❤︎

ちなみに、数ヶ月前に行った医者とのデートは一回で終わったけどねw

言うたでしょ、職業関係ないってww