Y!

娘がいつもお世話になっているYMCA.

私ほとんどYMCAのシステム知らなかったんだけど(2015-2018年アメリカに住んでた時)

知れば知るほどめちゃ便利なの。

地域にもよると思うけど、まず公立校の学童(Before & After School care)を校内またはYMCAのベースで運営してくれてて、結構どこのデイケアよりも安い上にファイナンシャルエイドもある。

メンバーと一般の利用料金が違うんだけど、ファイナンシャルエイドがあればメンバーになるのもかなり据置料金でメンバーになれます。

あとは、コロナ期間中、Ecampってのがあって、朝7:30-夕方6まで預かって、一応オンラインの授業の補助に入ってくれて(るのかはいまいち謎なんだけどw)そういう文言が書かれていますw (私はとにかく娘を安全快適な場所で預かって頂けるだけですごく満足。)

前置きめちゃ長くなったけど、いよいよ本題に入ります。

メンバーになった私、せっかくメンバーになったんだからちょっと楽しんでやろうと欲張りな脳が私を煽ります。

煽られた私は、、そ、、そんなジムなんてー

脳:ダンスプログラムがあるじゃないか!

そっかぁ!

ということで、

二日連チャン、ズンバとXtream hiphopというクラスにチャレンジ!

ネタ満載やねんけどw

まずは、ズンバ。

時間ちょいすぎに、中年の南米系おばちゃん登場!

ごめんごめん〜!渋滞がすごくて遅れたわ〜!って。

音楽かかるやいなや、準備運動なし。自己紹介的なんとかもなしでソッコーダンスが始まる。

ちょちょちょっとまってw わたしそんな南米なステップできやんねんけど〜!基本とか無いの?(そうそう、なんでも基本に忠実なジャパニーズですからw)

でもまぁ、持ち前のリズム感を生かし(失礼あそばせ)なんとーなーくついていく。でも私ステップばっかりのダンスすきじゃないんだよなーとか思いつつ、

ジャンプするタイミングが楽しくて(おぉ!私こんなにぴょんぴょん飛び跳ねるの好きやったんかと気づく)

なんだかんだで結局、終始楽しんだw ほんでここからねん、

せんせ:は〜い!みんなとってもビューチフルでアメージンだったわ〜!スローダウンしていきましょうね〜。

私:おぉせやな、始まりは完全なアップテンポから始まったけど、終わりはちゃんとスローダウンしてくれんねんな。よっしゃよっしゃ。

アップテンポな曲がかかる。

私:いやーこんなアップテンポな曲でどぅぅぅやってスローダウンさせてくれるんやろか?

せんせ:(めっちゃ軽快に踊り出す)

私:いやこのダンスどー考えてもスローダウン違うし。

せんせ:はい!足もちあげて!もちあげた足の下でCLAP!!

私:いやいやクラプちゃうやん、今日やった中で一番激しいやんこの動き。スローダウンは???!

しばらく最高にノリノリな振りで

そのあとようやくスローダウンに入りました。

そして、続く2日目はXtream HIPHOP

6:45分開始で時間前に行ったらもうガンガン始まっててなんか、ここに入るんすか?

みたいな感じ。何人か6:45と思って着てた人がいたのでよかった。。

でも、思ってたんとちゃあう!え、こんなステップ台みたいなん使うの?

またしてもステップ系ダンス?もっと全身動かしたいんですけど。。。

というチカコ心の声もHIPHOPのビートにさらっと消し去られ

見様見真似でやってみるが、、、おっと〜これは昨日のズンバよりも難易度高めや。人口密度も高めや〜。

途中で今日初めての人〜、って言うて今日のセンセは自己紹介と基本ステップ教えてくれたよ。初めての人多かったからかな?

でも、途中もう私は半分あきらめてたね。(でた!大得意のあきらめ。)

音楽はめっちゃすきやったけど、あーもうこの板邪魔!www(その板があるから負荷が増して運動になるんや。)

先生がちょいちょい

C’mon Y’all!!! とめちゃノリノリでいうのに対し

できひんのやワレェ!黙れや〜!と言いたくなったのはここだけの秘密w(決して先生が悪いわけではまったくない。)

なかなか苦戦気味のHIP HOP Xtreamでした。 Jumping Jacksは命一杯たのしんだよ!(やっぱり、ジャンプか…さすが、マサイ族と結婚したいと思ってただけあるわ私)

アメリカ健康保険の更新で感じた優しさ

アメリカの健康保険制度は鬼複雑。そして今年もやってきました更新手続き。

まるで無垢純粋な赤ずきんちゃん(私)が保険という名の深い深い森で迷子になってしまいそうになるかのように。無事におばあちゃんの家(ぴったりな保険)にたどり着けるだろうか、、。

結論からいうとたどり着けました。無事更新できてるみたい(しかも自動更新だったというオチ。)

なのですが、今回初めてアメリカで日本人の通訳の方に入っていただきました。自分でもなんやかんや会話はできるのですが、一度使ってみたかったと思ったのと、気が楽なのでw

もうね、通訳に入っていただいた方、神でした。

保険のわからないこと、通訳の方だけど、個人的な会話も交えながらめちゃめちゃ丁寧に教えてくれて、通訳もしていただいて、すごーーーーーーい!につきました。

通訳の方の人柄もすごくよくて、リビューがあったらまじで五つ星です。

最後も私に応援までしてくれて、一期一会の出会いですが、あたたかい気持ちにさせてもらった。また保険会社のお姉ちゃんも対応も良かって。保険の事務的な問い合わせだったのに素敵な時間が過ごせました。

アメリカの小さな街で日本にゆかりある人々と出会う奇跡

ここ数ヶ月で仕事を変えたんですが、

そうするととても面白いことがおきました。

絶対ここなら受かるでしょ?っていうようなところには受からず、

応募したことすら忘れていて

一度不合格のメールが入ってきたのにもかかわらず

合格の電話がかかってきて、電話面接後、採用と言われ

行ってみると、従業員の一人の飼っている猫2匹の名前が

ミソとサシミ。

どうしても味噌汁が飲みたくなったからその名前にしたんだよ。って。

(その人100%アメリカ人で会社もアメリカの会社だし、従業員もほぼ全員アメリカ人。)

猫の名前を聞いた瞬間、この人日本好きやん!って親近感めっちゃ沸きました。

その職場は楽しくて、ミソとサシミの従業員も面白くて、

ここがあなたのホームだよ!なんて嬉しいことを言ってくれていたのですが

色々思うことがあり、新しい職場に移りました。

移った先もね、オーナーの一人が子供の頃に日本に住んでいたことのある人で、

面接に行く前から電話で話しているだけですごく気に入ってくれて、面接後即採用。

なんでこの会社受かったんやろ?って思うくらいローカルな、スモールビジネスの会社。

んで面白いことはまだ続くの。

毎日来ているおばちゃんとそのおばちゃんを手伝いに

週2回来ているおばちゃんがいたんだけど、

私が働き出して1ヶ月くらいしたら、その週2回きていたおばちゃんは突然辞めてしまった。

で、新しく入ってきたおばちゃんは、毎日来ているおばちゃんのお母さんで

驚くことにその人は日本生まれなんだって!

「日本で歯見せて笑うのってご法度でしょ?」

と聞かれ、もうそんなのないよーーー!

いつの話って笑ってしまった。

その人は戦後の混沌としている時期に日本で生まれ(両親はアメリカ人)

病院の管理もままならなかった為、だいたいの誕生日しかわからないから

7月7か8か9日みたいな。なので間をとっていつも8日にお祝いしているそう。

そんな時代があったんだよね。

そういえば、以前元旦那とアメリカに住んでいた時からの知り合いで

結構仲良く喋ってた人がいて、その人ネイビーになって、最近配属先が決まったんだけど、

もちろん、日本。

その人はスペイン語が母国語だから、スペインかスペイン語圏がいいなーなんて

言っていたけど、日本。どおりで私と巡り合ったわけだ。

みんな100パーセントアメリカ人なのに、日本にゆかりがある人たちばかりとめぐりあう。

何か不思議ご縁を感じるし、何かに導かれているような気がするし、守られている気がする。

色んなご縁や巡り合わせに感謝。