アメリカの小さな街で日本にゆかりある人々と出会う奇跡

ここ数ヶ月で仕事を変えたんですが、

そうするととても面白いことがおきました。

絶対ここなら受かるでしょ?っていうようなところには受からず、

応募したことすら忘れていて

一度不合格のメールが入ってきたのにもかかわらず

合格の電話がかかってきて、電話面接後、採用と言われ

行ってみると、従業員の一人の飼っている猫2匹の名前が

ミソとサシミ。

どうしても味噌汁が飲みたくなったからその名前にしたんだよ。って。

(その人100%アメリカ人で会社もアメリカの会社だし、従業員もほぼ全員アメリカ人。)

猫の名前を聞いた瞬間、この人日本好きやん!って親近感めっちゃ沸きました。

その職場は楽しくて、ミソとサシミの従業員も面白くて、

ここがあなたのホームだよ!なんて嬉しいことを言ってくれていたのですが

色々思うことがあり、新しい職場に移りました。

移った先もね、オーナーの一人が子供の頃に日本に住んでいたことのある人で、

面接に行く前から電話で話しているだけですごく気に入ってくれて、面接後即採用。

なんでこの会社受かったんやろ?って思うくらいローカルな、スモールビジネスの会社。

んで面白いことはまだ続くの。

毎日来ているおばちゃんとそのおばちゃんを手伝いに

週2回来ているおばちゃんがいたんだけど、

私が働き出して1ヶ月くらいしたら、その週2回きていたおばちゃんは突然辞めてしまった。

で、新しく入ってきたおばちゃんは、毎日来ているおばちゃんのお母さんで

驚くことにその人は日本生まれなんだって!

「日本で歯見せて笑うのってご法度でしょ?」

と聞かれ、もうそんなのないよーーー!

いつの話って笑ってしまった。

その人は戦後の混沌としている時期に日本で生まれ(両親はアメリカ人)

病院の管理もままならなかった為、だいたいの誕生日しかわからないから

7月7か8か9日みたいな。なので間をとっていつも8日にお祝いしているそう。

そんな時代があったんだよね。

そういえば、以前元旦那とアメリカに住んでいた時からの知り合いで

結構仲良く喋ってた人がいて、その人ネイビーになって、最近配属先が決まったんだけど、

もちろん、日本。

その人はスペイン語が母国語だから、スペインかスペイン語圏がいいなーなんて

言っていたけど、日本。どおりで私と巡り合ったわけだ。

みんな100パーセントアメリカ人なのに、日本にゆかりがある人たちばかりとめぐりあう。

何か不思議ご縁を感じるし、何かに導かれているような気がするし、守られている気がする。

色んなご縁や巡り合わせに感謝。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s