Honey and Pepper 短編④

発信先が番号のみで表示されていた。

どきっとした。

このエリアコードは、、、彼だ。

私が住んでいる町から離れたところに住んでいる彼、電話番号のエリアコードが違うのだ。

今出なきゃ。

意を決して、電話に出た。

あまりに久々の電話にお互いぎこちない会話から始まった。

なんで電話してきたの?

彼が聞いてきた。

色んな嘘をつくこともできた。

でも、自分の気持ちに正直になると決めた手前、

素直に

あなたと話したかったの。

と言った。

電話ありがとう。彼は言った。

今マイアミにいる、今から家にかえるんだ。

じゃあ途中ここに寄ってよ。

何の為に?

私に会いに。

半分冗談のような言葉たちは口から踊るように飛び出てきた。

今、付き合っている人がいるんだよね。

予想外の答えに、一瞬時間が止まったようだった。

あんなに”付き合う”ことに抵抗していた彼だったのに‥

そうなんだ。じゃあいいよ。

私の心は悲しさを感じないよう緊急装置が作動したみたいだった。

口からはあまりにもサラッと乾燥したような言葉が出てきた。

彼はその答えに少し不服気味で

なんでそんな言い方なの?

と言ってきた。

よかったじゃん。あなたが愛を自分自身の中に見つけられて、

幸せそうだよかったわ。

今の私が今できる最大限の彼を祝福する言葉と声のトーンで言い直した。

彼は当たり障りのない質問を何点かした。

私も当たり障りのない範囲での近況報告をした。

何気ない会話

の中にある心と心が優しい毛糸で繋がっている感覚に

ホッと安心している私が居た。

久々の会話に少し緊張しつつも、この心地いい安心感に浸っていた。

フと我に返った瞬間、急に眠たくなってきてしまった。

ねぇ、なんだか急に眠たくなってきたからもう電話切るね。

彼は、今から寝るの?と

唐突に出た私の言葉に反応しながら

電話はいつでもしてきてくれていいからね。ありがとうね。

と優しさを添えた言葉で締めくくってくれた。

電話を切ったあと私の心はほわんと暖かいピンク色でやさしく包まれた気分だった。

きっと私から連絡することはこの先ないだろう、と切ない気持ちまじりに

彼の幸せを小さな心いっぱいに願った。

今日見た2つのハートが宙(そら)で繋がっているように

きっとどこかで私たちの心も繋がってるといいなと淡い希望も胸に秘めて。

-完-

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s